トップページ不動産売却コラム売却の基礎知識失敗しない家の売却!家を売る流れをご紹介

失敗しない家の売却!家を売る流れをご紹介

「家を売りたいけど、何から始めたらいいのか分からない」
家を売りたいと思っても経験がない方がほとんどだと思います。
まずは、家を売るまでの流れを把握して全体像を掴むことで、安心して売却を進められます。
このコラムでは売却までの8つのステップをお伝えしていきます。

 

STEP1. 家の売却相場を調べる

不動産会社に相談する前に、家の売却を調べます。適正価格で売り出すことが成功の鍵を握ります。不動産の成約価格を調べられるサイトや不動産会社の物件情報、不動産ポータルサイト、新聞の折り込みチラシなど、まんべんなく調べましょう。なお、売り出し価格は実際の成約価格よりも高めになっていることが多いため、成約価格を重視するのがおすすめです。

 

STEP2. 不動産会社に査定を依頼する

家の売却相場を把握できたら不動産会社へ査定を依頼します。査定は、現地を訪問せずに物件情報だけで行う「簡易査定(机上査定)と、実際に現地で物件調査を行う「訪問査定」の2段階で行います。

 

STEP3. 不動産会社と媒介契約を結ぶ

簡易査定・訪問査定を行い、売却を依頼したい不動産会社が決まったら、不動産会社と「媒介契約」を交わします。
不動産会社との媒介契約には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があり、仲介を依頼する会社を一社のみにするか、複数の会社にするかの違いとなります。

 

STEP4. 家の売却活動を始める

売却には少なくとも3ヵ月はかかることを考慮して、売却活動を始めましょう。また、理想通りに売却が進むように、希望の条件(売却価格・売却時期)、優先したいこと、広告などの手段、要望や大切にしたいことなどを明確にしておくことも大切です。

STEP5. 購入希望者と条件を交渉する

購入希望者が現れたら条件交渉に入ります。必ず擦り合わせる必要があるのは、引き渡し時期と売却価格です。値下げ交渉をされることも多いので、売却価格の最低ラインを決めておくことも重要です。

 

STEP6. 買主と売買契約を締結する

購入が正式に決まったら売買契約を交わします。売買契約書は、売主・買主が合意した内容をもとに、不動産会社が作成します。売買契約の前に、草案をすみずみまで確認しましょう。
また、売買契約から引き渡しまでは1ヵ月程度の時間を設けます。売買契約の際は、購入者から手付金を受け取ります。手付金は、売買金額の約10%が相場です。また、売買契約が成立した時点で、不動産会社への仲介手数料を支払います。

 

STEP7. 決済・引渡しを行う

購入者が残りの全額を支払い、所有権の移転登記が完了したら、物件の引き渡しを行います。購入者が住宅ローンを組む場合は、その金融機関のブースで売主、買主、不動産会社の担当者、司法書士が立ち会いのもとで決済を行うのが一般的です。

 

STEP8. 確定申告をする

家を売却して発生した「譲渡所得」に対して所得税・住民税が課税されます。売却日と同年度の確定申告期間中に申告の手続きを行いましょう。

 


家を売却する手順についてご紹介しました。より詳しく知りたい方は、ホームライフにぜひお問い合わせください!

ページの先頭へ