トップページ不動産売却コラム売却の基礎知識不動産売却に強い会社の見極め方

不動産売却に強い会社の見極め方

売却をサポートしてくれる会社をどう選んだら良いか、悩む方は多いのではないでしょうか?
不動産の売却を行っている会社でも、売却を得意としている会社もあれば、苦手な会社もあります。売却を成功させるためには、不動産会社の過去の実績や対応の質などを比較しながら選ぶことが大切です。今回は、不動産売却に強い会社の見極め方について5つのポイントをお伝えしていきます!

 

Point1. 売却力が高い不動産会社

不動産は売却に時間がかかるほど売れづらくなっていくため期間も重要です。売却力が高いということは、それだけ短期間で高く売却できる可能性が高くなるということです。
また、どんなに良い不動産であっても、きちんと準備をして売却活動に臨まなければ、本来売却できるはずの価格や期間からどんどん遠のいてしまいます。
そのため、売却力が高い不動産会社と契約を結び、売却活動を進めていくことが大切です。

 

Point.2 過去に高い実績がある

過去の売却の実績や顧客について聞いてみるもの有効です。

売却の実績をどの程度持っているか(件数や具体的な物件名、売却金額など)
実績があるエリアはどこか
実績があるのは戸建てかマンションか
過去に取引があったのはどんな顧客か
など。
ご自身が売ろうとしている物件に近い条件の実績を豊富に持っている不動産会社であれば、満足いく内容で売却が成立する可能性が高くなります。

 

Point.3 査定金額の根拠がある

不動産を売却する際は、査定金額について「なぜその金額になったのか」という根拠を具体的に説明してくれる会社かどうかを確認しましょう。
優良な不動産会社であれば、査定金額の根拠を明確に示してくれます。納得できるまで確認や質問をして、それに対して真摯に向き合ってくれる業者を選ぶことで、満足いく売却が進められます。

 

Point4. 売却戦略を持っている

売却するためには戦略が必要です。広告宣伝にチラシなどの紙媒体を使うのか、WEB媒体を使うのか、不動産会社によって得意な戦略があります。また、物件があるエリアの住人の年代などによっても効果的な戦略は異なります。
売却を依頼する不動産会社がどんな戦略を得意としているのか、売却が成立するまでの目標期間はどれくらいか、といったことも具体的に確認しましょう。

 

Point.5 信頼できる担当者がいる

不動産売却に関する高い知識や資格を持っていることは大前提で、相談しやすく信頼できる人かどうかも重要なポイントです。ご自身の疑問や悩みなどに対してしっかりと耳を傾けて、適切なアドバイスをしてくれる担当者を見つけられれば、安心して売却活動を進められるでしょう。

 


不動産売却を成功させるためには、売却したい物件に近い不動産の実績を持った不動産会社や担当者の対応の質を見極めて選ぶことが重要です。
今回ご紹介した5つのポイントを参考に、満足いく売却を進めていただけたらと思います。

ページの先頭へ