トップページ不動産売却コラム売却の基礎知識家を高く売る方法!高価売却のポイントや注意点を解説

家を高く売る方法!高価売却のポイントや注意点を解説

「家を売るならできるだけ高く売りたい!」

家の売却を検討している方なら誰もがそう思いますよね。家を少しでも高く売るためには、不動産に対する正しい知識や高価売却のコツなどを把握しておくことが大切です。

今回は、少しでも家を高く売るためのコツや注意点をお伝えしていきます。

 

高く売れる家とは

一般的に築年数、面積、立地(都心や駅からのアクセス)、住環境の条件が良い家は、高く売れる傾向にあります。他にも外観やエントランスの雰囲気、メンテナンスが行き届いているか、設備の充実度なども売却価格に影響します。戸建てなら大手ハウスメーカーの建物、マンションならゼネコンが建てた物件は、高値で取引されるケースもあります。

 

中古住宅の価格はどう決まるのか?

不動産は、需要と供給のバランスで価格が決まります。不動産査定では、近隣エリアでの類似条件の不動産が過去にどれくらいの金額で取引されているかを考慮して相場価格を算出します。

その他、国や都道府県が公表している土地の公的価格(公示価格、基準値価格、固定資産税評価額、路線価)や、新しく取得する場合の積算費用など、様々な評価基準と、不動産個別の要因を勘案した上で、査定額が導き出されます。

 

家を高く売るためのポイント

不動産一括査定を利用する

家を高く売るための秘訣は、いくらぐらいで売れるのかという相場を把握しておくことと、売却活動のパートナーとなる不動産会社選びをしっかりすることです。そこで、おすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。複数の不動産会社に一括で問い合わせできるので効率的です。

 

売却価格を高めに設定する

売り出し価格は売主に決定権があるので、売却希望価格を高めに設定しておけば、価格交渉が入ったとしても余裕を持った対応が可能となります。ただし、長期間売れないままだと売れ残りの印象を与えてしまう場合もあります。一度売り出したら早期成約に結び付けられる価格にすることを念頭に入れて売り出し価格を設定しましょう。

 

家探しをする人が増える時期に売り出す

引越しシーズンと言われる2〜3月、9〜10月は不動産の需要が高まる時期です。ただ、売却したい家がどの層に向けてニーズがあるかによっても適正な時期は変わるので、対象となる買い手や世間の動向を読みながら売り出し時期を検討しましょう。

 

売却物件と相性が良い不動産業者を選ぶ

売却物件を市場にアピールして、買い手とマッチングさせる役割を担うのは不動産会社です。いかに早く、いかに高く売れるかは不動産会社選びにかかっているといっても過言ではありません。

不動産会社によって得意分野や得意エリアがあり、また不動産会社や担当営業者との相性もありますので、しっかりと見極めて選ぶことも大切なポイントです。

 

内覧時の印象が良くなる家に整えておく

内覧のときに「ここに住みたい」と思ってもらえるような工夫も大切です。隅々まで掃除が行き届いた状態にしておきましょう。また、インテリアにも気を配っておくと、購入後のイメージがしやすく、好印象を持たれやすくなります。

 

 

家を高く売るためには、しっかりと情報収集をして知識を身につけることが重要です。

プロの力も借りながら売却を成功させましょう!

ページの先頭へ