トップページ不動産売却コラム売却の基礎知識家を売る前に知っておきたい!家を売るメリット・デメリットとは?

家を売る前に知っておきたい!家を売るメリット・デメリットとは?

家を売る理由は様々です。どんな状況であれ、家を売ることで後悔しないためには、メリットとデメリットをあらかじめ理解しておくことが大切です。人によっては、家を売ることがマイナスになるケースもあるので、しっかり確認した上で売却を進めましょう。

 

家を売るメリット①現金化できる

家を売却すれば、相応の現金を手に入れることができます。もし、住宅ローンの残債が多く、月々の住宅ローンの支払いが重荷になっている場合は、返済に充てることができます。また、住み替えなど、新たに家の購入を検討している場合は、その資金に充てることができます。

 

家を売るメリット②維持費がかからなくなる

家や土地を維持するためには、様々な費用がかかります。例えば、屋根や外壁の補修、設備交換、庭の手入れなどのメンテナンスが必要です。家を売却することで、こうした費用が不要になります。

 

家を売るメリット③税負担が軽減する

家や土地を所有していると、固定資産税や都市計画税といった税金がかかります。家を売却することで、これらの税負担を軽減できます。

 

家を売るデメリット①売却費用がかかる

家を売却する際は、不動産会社へ支払う仲介手数料や印紙税、土地の売買が発生する場合は測量費もかかります。これらの費用が思っていたよりも高額になる場合も少なくありません。

また、売却によって得られた利益には、譲渡税(所得税、住民税)が課税される場合もあります。

 

家を売るデメリット②住み替え費用がかかる

居住している家を売却する場合は、住み替えのための費用がかかります。新しい家を購入または賃貸するための費用や引越し費用などです。売却前に新しい住まいを購入した場合はダブルローンが発生するリスクもあります。

 

家を売るデメリット③手持ち資金が減ることがある

売却額によっては、家を売却して得たお金で住宅ローンの残債を完済できない場合もあります。住宅ローンを完済しなければ家を売却できないため、手持ちの資金で補填して残りのローンを完済しなければなりません。つまり、資産価値が低い家を売却すると、手持ち資金が減ることもあるのです。

 

 

ここでは、家の売却におけるメリット・デメリットをご紹介しましたが、いずれも「注意点」として慎重に検討することが大切です。

売却を決定する前に、将来的な活用も含め多方面から塾考するようにしましょう。

ページの先頭へ