トップページ不動産売却コラム売却の基礎知識「仲介」と「買取」どっちがおすすめ?メリット・デメリットをご紹介

「仲介」と「買取」どっちがおすすめ?メリット・デメリットをご紹介

不動産の売却方法には、「買取」と「仲介」の2つがあります。それぞれにメリット・デメリットがあり、売却したい物件の状態や資金等によってどちらが適しているかは異なります。今回は、それぞれの売却方法の特徴やメリット・デメリットをご紹介していきます。

 

不動産の「買取」とは?

不動産会社や物件の買取業者に買い取ってもらう方法です。交渉がまとまれば、仲介に比べてスピーディーに売却でき、すぐに現金化できます。買取の場合は、不動産会社がリフォームやリノベーションを前提に物件を買い取ることが多いため、内部状態が悪い物件や事故等があった物件は、買取が向いています。このような物件の場合、ご自身でリフォームをするよりも買い取ってもらった方が手元に残るお金が増えるケースもあります。

◎買取のメリット

・売却までが早い
・すぐに現金化できる
・仲介手数料がかからない
・契約不適合責任なし(瑕疵担保責任)
・近隣住民に知られずに売却できる
・住み替えの資金計画を立てやすい

◎買取のデメリット

・相場よりも買取価格が下がる傾向にある
・物件によっては買い取りしてもらえないものがある

 

不動産の「仲介」とは?

仲介は、不動産会社や仲介業者と契約を結んで、物件の購入者を探してもらう方法です。主に個人が買主であり、不動産会社や仲介業者は仲介を行うだけの役割となります。買取に比べて高額で取引されやすく、不動産会社等のサポートも受けながら契約を進められます。築年数が浅い物件や立地が良い物件に適しています。できるだけ高値で売りたい方にもおすすめです。
ただし、売却までに時間がかかること、仲介手数料がかかるといったデメリットがあります。

◎仲介のメリット

・相場価格で売却できる可能性がある
・不動産会社や仲介業者のサポートを受けられる

◎仲介のデメリット

・売却の時期が未確定
・仲介手数料がかかる
・契約不適合責任あり(瑕疵担保責任)
・近隣住民に知られる可能性がある
・内覧の対応が必要

 

「買取保証」という方法もある

業者によっては、買取と仲介以外に「買取保証」というサービスを提供しているところもあります。買取保証とは、仲介で一定期間売ることができなかった場合に、事前に決めていた金額で買い取ってもらえるサービスです。相場の価格で仲介による売却活動を行いつつ、一定期間売れない場合には業者に直接買い取ってもらえるという「買取」と「仲介」のメリットを生かした売却方法です。
ただし、買取保証に関する厳しい条件が付いている場合もあるので、あらかじめ内容の確認をしておくことが重要です。

 

「買取」と「仲介」の特徴やメリット・デメリットをお伝えしてきましたが、それぞれの特性をよく理解して、自分にあったサービスを提供している業者を総合的に判断することが大切です。

ホームライフでは、無料の簡易査定も行っております。お気軽にご利用ください!
https://www.kyoto-ouchiplaza.com/estimate/

ページの先頭へ