トップページ不動産コラム購入今の年収で購入できる家はいくら?

今の年収で購入できる家はいくら?

マイホーム購入における資金計画の第一歩は、適正な「予算」を検討することからです。購入の可否を判断する基準の1つに、年収からみた適正価格という考え方があります。
この記事では、年収から考えるマイホーム予算の考え方をご紹介します。

 

 

マイホーム予算の考え方

マイホームの購入予算は、下記の2つのポイントで決まります。

・いくらの住宅ローンを借りるか
・頭金と諸費用になる自己資金をいくら用意するか

住宅のために出せる自己資金(頭金+諸費用)と、住宅ローンで用意できる金額の合計がマイホーム予算です。
自己資金をどのくらい用意すればいいか悩む人も多いようですが、住宅購入価格の2割、諸費用を含めて3割程度を用意しておくと安心です。頭金があればローンの優遇条件を受けることも可能です。
また、無理のない資金計画を立てるためには、これからのライフプランの中で「子どもの教育費」がもっとも膨らむ時期を基準に住宅購入費用を考えると良いでしょう。

 

年収別の借入金額の目安

銀行など民間の金融機関における住宅ローン借入可能額は、借りる人のさまざまな条件によって決まり、年収も考慮される条件の1つです。その基準は金融機関によって異なりますが、一般的には年間のローン返済額の合計が年収の35%以内といわれています。

銀行など民間の金融機関における住宅ローン借入可能額は、借りる人のさまざまな条件によって決まり、年収も考慮される条件の1つです。その基準は金融機関によって異なりますが、一般的には年間のローン返済額の合計が年収の35%以内といわれています。

【年間合計返済額の割合】
◎年収400万円未満 → 30%以下
◎年収400万円以上 → 35%以下
※所得税や住民税などを引かれる前の税込年収
※ローンの年間返済額は、住宅ローン以外に返済中のローンがあればその返済額も合算した金額

■フラット35を利用する場合の借入可能額
※金利1.9%、元利均等返済、返済期間35年で試算

◎年収400万円の場合
住宅ローンの年間合計返済額の上限:140万円
借入可能額:3,577万円

・年収500万円の場合
住宅ローンの年間合計返済額の上限:175万円
借入可能額:4,471万円

・年収600万円の場合
住宅ローンの年間合計返済額の上限:210万円
借入可能額:5,365万円

・年収700万円の場合
住宅ローンの年間合計返済額の上限:245万円
借入可能額:6,259万円

・年収800万円の場合
住宅ローンの年間合計返済額の上限:280万円
借入可能額:7,154万円

この金額に頭金を加算すると購入できるマイホームの価格がわかります。
ただし、住宅ローンは金融機関から「借りられる額」ではなく、「返せる額」にすることがポイントです。「借りられる」限度額まで借りてしまうと、将来、支出が増えたときに返済が厳しくなります。

 

借入可能額=無理なく返せる金額ではない

上述の通り、マイホーム購入の際に肝に銘じておきたいのは、借入可能額=無理なく返せる金額ではないということ。実際に安心して返していける借入額は世帯によって異なります。教育費の負担があるなら、税込み年収の20%を超えると家計が苦しくなるため、住宅ローンの返済額は年収の20%以下に抑えることが望ましいでしょう。
また、同じ年収でも、世帯によって必要な食費が光熱費、子どもの教育費などは異なります。住宅購入前後で暮らしのレベルが変わらないようにするためには、今の家賃がひとつの目安になります。

 

 

マイホームの購入予算を考えるときには、こうした試算を基に無理なく返済できるように計画を立てましょう。

ページの先頭へ